大学編入への勉強記録

とある高専生の日記的な

読んでいる本(数学、物理)について

こんにちは。

連続投稿となりますが今回は受験勉強などに使用している本を紹介しようと思います。

3年生のときから理学部への編入を意識して数学書や物理書を読んでいますが、ここで何冊か読んでいる本を簡単に紹介していきたいと思います。まだこれから受験する身でありながら偉そうに紹介してますが、気にしないで下さい。(笑)

私の雑な説明に比べてAmazonのレビューはとても参考になるので、選ぶ際に読んでみると良いと思います。誤植や補足説明までレビューに書いてあるので勉強にもなったりします。

 

 

数学

集合論

 集合論は数学科の編入試験に出るとよく聞きます。私は「集合と位相」(裳華房)の方をAmazonで購入して3年生のときから読んでいます。集合への30講とマグロウヒル大学演習の集合論は図書館で借りて読んだ程度です。30講シリーズはかなりわかりやすく書かれているので、初学者でも苦しむことなく読めると思います。

ただ受験勉強というだけでなくて,数学を学ぶ上でとても重要なところなので試験範囲でなくても勉強した方が良いと思います。

集合と位相 (数学シリーズ)

集合と位相 (数学シリーズ)

 
集合への30講 (数学30講シリーズ)

集合への30講 (数学30講シリーズ)

 
集合論 (マグロウヒル大学演習)

集合論 (マグロウヒル大学演習)

 

 

 

微積

微積分はどの高専でもかなり勉強していると思うので、苦手意識さえなければある程度難しい本でもある程度読めると思います。私は2,3年の微積分の勉強は、高専の教科書・問題集と「明解演習 微分積分」で勉強しました。その他色々な本を読みながら理解を少しずつ深めています。ここでは個人的にオススメの本を紹介したいと思います。

 

解析入門 ?(基礎数学2)

解析入門 ?(基礎数学2)

 
解析入門  ?(基礎数学3)

解析入門 ?(基礎数学3)

 

 この2冊はかなり有名な本だと思います。理学部に進学された同じ同好会の先輩が絶賛していたので購入しました。この2冊をベースに勉強していけばかなり理解が深まると思います。

 

詳解演習微分積分 (詳解演習ライブラリ (2))

詳解演習微分積分 (詳解演習ライブラリ (2))

 

 例題からしっかり解説があるのでオススメです。普段の試験勉強にも使えます。問題の難易度は高くないので取り組みやすいです。

 

明解演習微分積分 (明解演習シリーズ)

明解演習微分積分 (明解演習シリーズ)

 

有名な演習本です。旧帝大や数学科を目指す人はだいたいこの本で問題をこなしている印象があります。私は2年のときにこの本で問題を解いてましたが、難しかったです。まだ全部は解いてないです。 受験本番までに1周以上はしたいです。

 

 本当にわからない人向け?です。かなり意見は分かれますが、微積分の勉強の流れくらいはわかると思います。

 

 

線形代数

線形代数は私自身得意ではないので、高専の教科書とマセマから勉強しています。(微積分に比べてあまり勉強していませんが...)編入試験でも行列や線形空間の問題が必ず出ているので、多くの本を掻い摘みながら勉強しています。

 

新線形代数

新線形代数

 

 1冊目は私の高専で使用している教科書です。これと対応した問題集とセットで使えば基礎的な部分は勉強できると思います。2年のときから少し線形代数は苦手意識があったので,マセマで3年のときベクトルを中心に復習しました。

 

線型代数入門 (基礎数学1)

線型代数入門 (基礎数学1)

 

 こちらは解析入門Ⅰ,Ⅱと同じ東京大学出版会の本です。誤植が多少あるものの、とても優れた本だと思います。高専でやらない範囲はこの本をベースにカバーしています。

 

長岡亮介線型代数入門講義―現代数学の“技法”と“心”

長岡亮介線型代数入門講義―現代数学の“技法”と“心”

 

 説明がわかりやすいです。考え方とかコツまで書いてあるので、勉強しやすいと感じました。私は通学のときや遠出するときも読んだりします。

 

線形代数学大全〈第1部〉とことんわかる線形代数学の基礎理論―行列と行列式の理論

線形代数学大全〈第1部〉とことんわかる線形代数学の基礎理論―行列と行列式の理論

 

 基礎理論を勉強しようと思って購入しました。高専の教科書とセットで読んでも良いと思います。第2部,3部とあるようなので、余力があれば読みたいと思います。

 

TeX

これは受験勉強とは関係ないのですが、理系文書を作成するうえでTeXが使えるとすごく便利です。私はにわか程度ですが、本を参考にしつつ文書作成しています。

[改訂第4版] LaTeX2ε美文書作成入門

[改訂第4版] LaTeX2ε美文書作成入門

 

 私が読んでいる本は少し古い版です。この本でもTeXのだいたいの操作を学ぶことができます。

[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門

[改訂第7版]LaTeX2ε美文書作成入門

 

 同好会の人が読んでました。私が持っている第4版と比べてデザインもだいぶ変わってます。新しい情報が載ってたりするので最新版の方が良いでしょう。

 

物理

私が受けようと思っている大学の試験科目には物理はありませんが、趣味程度に何冊か暇なときに読んだりしてます。

 

ファインマン物理学〈1〉力学

ファインマン物理学〈1〉力学

 

 有名な物理書を和訳した本です。原書は3巻ですが、和訳は5巻まであります。原書は英語で書かれています。実はカリフォルニア工科大学のサイトで全部無料で公開されています。(もちろん英語版)英語に自信がある人は読んでみてはいかがでしょうか。私は和訳と照らし合わせながら読みたいところだけ読みました。

http://www.feynmanlectures.caltech.edu/ ←The Feynman Lectures on Physics

 

現代物理学 (裳華房テキストシリーズ―物理学)

現代物理学 (裳華房テキストシリーズ―物理学)

 

 応用物理の実験の参考書になるかなと思って購入しました。現代物理学の基礎を学ぶ上では良い本だと思います。入門書という感じでとても読みやすいです。

 

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)

 
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

 

 河合塾シリーズの本です。高校範囲の物理を学ぶ上では高専の教科書にプラスしてこの本を読むと理解が深まります。編入試験でも役に立つと思います。

 

名問の森物理 力学・熱・波動1 (河合塾シリーズ)

名問の森物理 力学・熱・波動1 (河合塾シリーズ)

 
名問の森物理 波動2・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

名問の森物理 波動2・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

 

 こちらも河合塾シリーズです。難易度は少し高いですが、解説も丁寧に書かれていてとてもわかりやすいです。私は河合塾シリーズの本は必要に応じて部分的に勉強する程度でした。

 

思ってた以上に長くなってしまいましたが、このへんで終わりにしたいと思います。

図書館にあったりすると思うので是非読んでみてください。

 

それでは。

 

編入試験に向けて

こんにちは。 

来年の編入試験を受けるにあたって、なんとなくブログを開設してみました。

編入学を考えてる高専生や短大生と繋がっていけたらなと思います。

 

自己紹介

現在、とある高専の4年生です。一応、電気系の学科に所属しています。

3年生から4年の前期中間くらいまで中退して大学受験しようと思ってましたが、結局高専を卒業して大学に編入することにしました。

現在の自分の現状は、

  • 志望校:神戸大学数学科
  • 席次:1年…35位、2年…17位、3年…11位
  • 部活:理工系の同好会の部長
  • 好きな科目:数学、物理
  • 嫌いな科目:電気科の専門科目ほとんど全て(特に電子回路、電磁気)
  • 趣味:アニメ(ラブライブ!アイカツ!など...)、外食(寿司、イタリアン)

そもそも高専の存在を知ったのが中学3年の夏で、その当時は完全に文系でした。部活で尊敬していた先輩が高専に進学したからという理由だけで、私も高専に進学することにしました。

入学当初は目標も無く理系科目が本当に苦手だったので成績も悪く、中学から続けてきた部活も途中で辞めて遊んでばっかで、将来も適当に就職すればいいかなと思っていました。

しかし、2年から数学と物理だけでもと思って勉強していたらいつの間にか数学や物理が好きになってしまって理学部への進学を考え始めました。

いつの間にか4年生になってしまったのですが、専門科目がとても苦手で一番勉強していた電子回路も電磁気も単位を落としてしまっている現状です。専門科目は単位を落とさないように勉強しつつ、数学に集中していきたいと思っています。

 

暇なときに勉強についてや日常生活について書いていきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。